スポンサーサイト

--.--.-- --


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベネディクトさんが歌う"Pure Imagination"

2014.03.26 Wed


YouTubeで見つけたとあるベネさんのインタビュー。
その中でベネさんが歌っていたのは、何とGene Wilderの『Pure Imagination』!
この曲大好きなんですが、いろんな人がカバーしてるけど本家のGene Wilderが一番だな~とずっと思ってました。
この動画でベネさんが歌ってるのを聴くまでは…!

さすがに良い声…かつ舞台もやってるのでよく響く…。
こんな声で歌われたら確実に落ちますよ!!
映画『夢のチョコレート工場』は1971年公開らしいので全然知らなかったけど、ジョニー・デップ主演の『チャーリーとチョコレート工場』はこの作品のリメイクだったんですね~。
後者はベルーガの歌が好き(笑)

『8月の家族たち』でもベネさんがオルガン(ピアノ?)を弾きながら歌うシーンがあるので、それを目当てに観たいな~と思ってます。
歌詞も歌声も泣けてくるほど優しいんですよ…。
ベネさんは元々ピアノ弾けるんでしょうか?
それともシャーロックのバイオリンのように練習したのか、気になるところ。

以下、『Pure Imagination』の歌詞と、英語の勉強がてら自分で訳したもの。
何でもこの歌には二重の意味があるらしく、考えてみると想像力の素晴らしさを謳っているようでもあり、決して思い通りにならない現実を嘆いているようでもあり、実に見事な歌詞。
件の動画は続きを読むからどうぞ。



映画『夢のチョコレート工場』より
(原題: "Charlie and the Chocolate Factory")


"Pure Imagination"
   by Gene Wilder


Hold your breath
Make a wish
Count to three

Come with me
And you'll be
In a world of pure imagination
Take a look and you'll see
Into your imagination

We'll begin with a spin
Travelling in the world of my creation
What we'll see will defy explanation

*If you want to view paradise
Simply look around and view it
Anything you want to, do it
Wanna change the world?
There's nothing to it

**There is no life i know
To compare with pure imagination
Living there you'll be free
If you truly wish to be

*Repeat
**Repeat



息を止めて
願い事をするんだ
三つ数えて

一緒においで
それだけでもう
汚れなき想像の世界の中
見てごらん わかるだろう
君の想像の中へ

まずはくるりと回って
僕が創った世界を旅するのさ
目にするものものすべて 言葉なんていらない

*君が楽園を望むなら
見渡してみるだけでいい
望むことすべて すればいい
世界を変えたい?
変えるべきものなど何もないのに

**僕は知っている
汚れなき想像に勝る人生などありはしないのさ
そこでなら君は自由
心から君がそう望むのなら

*繰り返し
**繰り返し

*hold one's breath: 息を止める、(期待や緊張で)息をこらす
*defy: (~を)ものともしない、(~に)努力しても至らない
*There's nothing to it: 「出来ないことはない」「邪魔なものはない」と訳す人が多いみたいだけど、"Pure Imagination"を謳うなら、「世界を変えたい?そんな必要はない、ただ想像すればいいんだ」という流れの方が自然じゃないかな~という個人的判断のもと、上記の訳とした。



Benedict Cumberbatch singing "Pure imagination"
↓↓↓




歌は0:15あたりから。
冒頭の数行だけ、時間にしてものの数秒しか歌ってませんが、ちゃんと歌えばもっと上手いんだろうな~と思われる歌声。
ベネさんのCDの発売を首を長くしてお待ちしております!

関連記事
この記事へのトラックバックURL
http://argentvane.blog.fc2.com/tb.php/8-6cee42c4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
HALさん、
こんにちは、早速お邪魔しちゃいました。
歌詞の日本語訳ありがたいです。良い歌詞ですね。
ちゃんとフルで歌って欲しかったわ。
「8月の家族たち」のオルガンは映画のために練習したそうですよ。
共演の方が「すごく頑張ったのよ」と褒めていました。
あの歌も、ものすごく優しい歌い方で溶けちゃいそうですね(笑)
私もまだ購入していないのですがサントラも発売されていますです。
それでは、これからもスクリプトとベネさん話も楽しみにしていますね。
Posted by dico at 2014.03.26 23:52 | 編集
>dicoさん
リンク&ご来訪ありがとうございます。
曲もですが、Gene Wilderの歌声もすごく素敵なのでおすすめですよ~。

オルガンはあのシーンのために練習したんですか!
軽く弾いてるようだったので、子供の頃から習ってたのかな?と思ってました。
サントラ情報もありがとうございます。
Amazonで見たら、ベネさんの歌サントラに入ってました!
mp3で一曲ずつ買えたのでとりあえずポチッと(笑)
1分27秒しかないけど至福の時間…。
ベネさんの歌だけ人気度がMAXなので、同じ考えの人が多いみたいです(笑)

最新情報とかには疎いですが、時々掘り出し物はあるかもかも…?
英国ネタ満載の『Cabin Pressure』に苦戦しつつ、両方頑張りますよー!
またdicoさんのサイトにもお邪魔させてもらいますね♪
Posted by HAL at 2014.03.28 00:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。