スポンサーサイト

--.--.-- --


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


"Can't Keep It Inside" by Benedict Cumberbatch

2014.03.27 Thu


映画『8月の家族たち』でベネさんがオルガン弾きながら歌ってるー!と騒いでいたら、「サントラ出てますよ」と情報を頂いたので早速mp3ポチッちゃいました。
歌詞自体は余裕で聴き取れるし、かつ辞書もいらないような素朴な歌なのに、泣けてくる…。
1分17秒と短いトラックでも一律$1.29だけど、十分です!
この優しい声で4分前後のフルコーラスなんて歌われた日には、心臓がドキドキしすぎて割と本気で倒れてしまいそうなので。
このトラックだけ"Popularity"=人気度がMAXなのも納得。
以下、歌詞と自分訳です。



映画『8月の家族たち』より
(原題: "August: Osage County")


"Can't Keep It Inside"
   by Benedict Cumberbatch


Well I've never been a man of many words
And there's nothing I could say that you haven't heard
But I'll sing you love songs 'til the day I die
The way I'm feeling
I can't keep it inside

I'll sing a sweet serenade whenever you're feeling sad
And a lullaby each night before you go to bed
I'll sing to you for the rest of your life
The way I'm feeling
I can't keep it inside
Oh I can't keep it inside



僕は決して口数の多い男じゃない
一度だって言えたことはないね 君が聞いたことのない言葉など
だけど僕はラブソングを歌うよ 僕が死ぬその日まで
こんな気持ち
胸にしまっておけないから

君が悲しいときはいつでも 優しいセレナーデを歌うよ
毎晩ベッドに入る前には 子守唄を歌おう
これから先ずっと 僕は君のために歌う
こんな気持ち
胸にしまっておけないから
とても留めておけやしないから

*'til the day I die: 「最期の日まで」のように意訳した方が詩的だけど、素朴な歌なので「僕が死ぬその日まで」と直訳にした。
*serenade: 小夜曲、夜の調べ、《特に、男が恋人の家の窓の下で歌う、または奏でる叙情的な楽曲》あと発音は"セレナーデ"より"セレネーデ"に近い。



ベネさんの子守唄なんて眠れる気がしないけど(笑)
短いけど本当に素敵な曲でおすすめです。
ベネさん、映画やオーディオドラマでも時々歌ってるので、本格的に歌う機会を誰か作ってください…!


スポンサーサイト

ベネディクトさんが歌う"Pure Imagination"

2014.03.26 Wed


YouTubeで見つけたとあるベネさんのインタビュー。
その中でベネさんが歌っていたのは、何とGene Wilderの『Pure Imagination』!
この曲大好きなんですが、いろんな人がカバーしてるけど本家のGene Wilderが一番だな~とずっと思ってました。
この動画でベネさんが歌ってるのを聴くまでは…!

さすがに良い声…かつ舞台もやってるのでよく響く…。
こんな声で歌われたら確実に落ちますよ!!
映画『夢のチョコレート工場』は1971年公開らしいので全然知らなかったけど、ジョニー・デップ主演の『チャーリーとチョコレート工場』はこの作品のリメイクだったんですね~。
後者はベルーガの歌が好き(笑)

『8月の家族たち』でもベネさんがオルガン(ピアノ?)を弾きながら歌うシーンがあるので、それを目当てに観たいな~と思ってます。
歌詞も歌声も泣けてくるほど優しいんですよ…。
ベネさんは元々ピアノ弾けるんでしょうか?
それともシャーロックのバイオリンのように練習したのか、気になるところ。

以下、『Pure Imagination』の歌詞と、英語の勉強がてら自分で訳したもの。
何でもこの歌には二重の意味があるらしく、考えてみると想像力の素晴らしさを謳っているようでもあり、決して思い通りにならない現実を嘆いているようでもあり、実に見事な歌詞。
件の動画は続きを読むからどうぞ。



映画『夢のチョコレート工場』より
(原題: "Charlie and the Chocolate Factory")


"Pure Imagination"
   by Gene Wilder


Hold your breath
Make a wish
Count to three

Come with me
And you'll be
In a world of pure imagination
Take a look and you'll see
Into your imagination

We'll begin with a spin
Travelling in the world of my creation
What we'll see will defy explanation

*If you want to view paradise
Simply look around and view it
Anything you want to, do it
Wanna change the world?
There's nothing to it

**There is no life i know
To compare with pure imagination
Living there you'll be free
If you truly wish to be

*Repeat
**Repeat



息を止めて
願い事をするんだ
三つ数えて

一緒においで
それだけでもう
汚れなき想像の世界の中
見てごらん わかるだろう
君の想像の中へ

まずはくるりと回って
僕が創った世界を旅するのさ
目にするものものすべて 言葉なんていらない

*君が楽園を望むなら
見渡してみるだけでいい
望むことすべて すればいい
世界を変えたい?
変えるべきものなど何もないのに

**僕は知っている
汚れなき想像に勝る人生などありはしないのさ
そこでなら君は自由
心から君がそう望むのなら

*繰り返し
**繰り返し

*hold one's breath: 息を止める、(期待や緊張で)息をこらす
*defy: (~を)ものともしない、(~に)努力しても至らない
*There's nothing to it: 「出来ないことはない」「邪魔なものはない」と訳す人が多いみたいだけど、"Pure Imagination"を謳うなら、「世界を変えたい?そんな必要はない、ただ想像すればいいんだ」という流れの方が自然じゃないかな~という個人的判断のもと、上記の訳とした。



Benedict Cumberbatch singing "Pure imagination"
↓↓↓
続きを読む

ベネディクト・カンバーバッチの朗読いろいろ

2014.03.20 Thu


英語のリスニング練習と耳福を兼ね供えたベネディクトさんの朗読集。
彼に限らず、朗読はみんな聞き取りやすく発音してくれるので英語のリスニングに良いですよね。
インタビューでもこれくらい丁寧に発音してくれれば!と願ってやみません。
それなら聞き取れるかと言われるとそれはまた別の話…。

DVD観ながらスクリプトチェックしてる時はさすがに無理だけど、その他の作業や移動中にはずっと聞いていようかな~と思ってます。
ただし、時々破壊力が半端ないものが混ざっているので要注意。
特にイヤホンで聞いてると作業どころじゃなくなります。
ハマりすぎると財布とか心とかいろいろつらいので、出演作や書籍などを買い漁るのは我慢してますが、彼の声には負けそうです。
爆笑ものと評判の『Cabin Pressure』シリーズや、設定が面白そうな『NEVERWHERE』買いたい。とりあえず。
この「とりあえず」が危険だとわかっていても止められないんですよね…。


Benedict Cumberbatch Audiobooks and Reads
↓↓↓
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。