スポンサーサイト

--.--.-- --


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベネディクトさんが歌う"Pure Imagination"

2014.03.26 Wed


YouTubeで見つけたとあるベネさんのインタビュー。
その中でベネさんが歌っていたのは、何とGene Wilderの『Pure Imagination』!
この曲大好きなんですが、いろんな人がカバーしてるけど本家のGene Wilderが一番だな~とずっと思ってました。
この動画でベネさんが歌ってるのを聴くまでは…!

さすがに良い声…かつ舞台もやってるのでよく響く…。
こんな声で歌われたら確実に落ちますよ!!
映画『夢のチョコレート工場』は1971年公開らしいので全然知らなかったけど、ジョニー・デップ主演の『チャーリーとチョコレート工場』はこの作品のリメイクだったんですね~。
後者はベルーガの歌が好き(笑)

『8月の家族たち』でもベネさんがオルガン(ピアノ?)を弾きながら歌うシーンがあるので、それを目当てに観たいな~と思ってます。
歌詞も歌声も泣けてくるほど優しいんですよ…。
ベネさんは元々ピアノ弾けるんでしょうか?
それともシャーロックのバイオリンのように練習したのか、気になるところ。

以下、『Pure Imagination』の歌詞と、英語の勉強がてら自分で訳したもの。
何でもこの歌には二重の意味があるらしく、考えてみると想像力の素晴らしさを謳っているようでもあり、決して思い通りにならない現実を嘆いているようでもあり、実に見事な歌詞。
件の動画は続きを読むからどうぞ。



映画『夢のチョコレート工場』より
(原題: "Charlie and the Chocolate Factory")


"Pure Imagination"
   by Gene Wilder


Hold your breath
Make a wish
Count to three

Come with me
And you'll be
In a world of pure imagination
Take a look and you'll see
Into your imagination

We'll begin with a spin
Travelling in the world of my creation
What we'll see will defy explanation

*If you want to view paradise
Simply look around and view it
Anything you want to, do it
Wanna change the world?
There's nothing to it

**There is no life i know
To compare with pure imagination
Living there you'll be free
If you truly wish to be

*Repeat
**Repeat



息を止めて
願い事をするんだ
三つ数えて

一緒においで
それだけでもう
汚れなき想像の世界の中
見てごらん わかるだろう
君の想像の中へ

まずはくるりと回って
僕が創った世界を旅するのさ
目にするものものすべて 言葉なんていらない

*君が楽園を望むなら
見渡してみるだけでいい
望むことすべて すればいい
世界を変えたい?
変えるべきものなど何もないのに

**僕は知っている
汚れなき想像に勝る人生などありはしないのさ
そこでなら君は自由
心から君がそう望むのなら

*繰り返し
**繰り返し

*hold one's breath: 息を止める、(期待や緊張で)息をこらす
*defy: (~を)ものともしない、(~に)努力しても至らない
*There's nothing to it: 「出来ないことはない」「邪魔なものはない」と訳す人が多いみたいだけど、"Pure Imagination"を謳うなら、「世界を変えたい?そんな必要はない、ただ想像すればいいんだ」という流れの方が自然じゃないかな~という個人的判断のもと、上記の訳とした。



Benedict Cumberbatch singing "Pure imagination"
↓↓↓
続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。